首周りの日焼け止めがついて髪の毛がパサパサになるのを予防しよう!

Pocket

これからの季節、特に気になるのが日焼けですね。
 
 
顔や腕はもちろんだけど、意外と見落としがちな首周りにしっかりと日焼け止めを塗っている人は多いと思います。
 
 
ですが、首に日焼け止めを塗るとなんだか髪の毛がパサパサになるような…
 
 
髪の毛を結んで、日焼け止めが乾いてからおろしてみてもやっぱりパサパサになってしまう…
 
 
このようにお困りの方も多いのではないでしょうか。
 
 
今回は、首元に塗った日焼け止めがついて、髪の毛がパサパサになるのを予防する方法についてまとめました。
 
Sponsered Link
 

日焼け止めが髪の毛についてパサパサになるのを予防する方法!

 

日焼け止めの種類を変えてみる

 
販売されている日焼け止めには、クリームやミルク、ジェル、スプレーなど様々な種類のものがあります。
 
 
この中で特におすすめなのが、ジェルタイプの日焼け止めです。
 
 
ジェルタイプは伸びもよく、清涼感があります。
 
 
水分量が多いので、製品によっては素肌がうるおう効果を有しているものもあります。
 
 
ジェルタイプの日焼け止めの中で、髪の毛につかない商品として特におすすめするのが、ニベアサンのプロテクトウォータージェルです。
 
 
これはとにかく伸びもよく肌なじみもとても良いんですよ。
 
 
私が使用したときは、髪の毛が触れてもパサパサになることはありませんでした。
 
 
SPF35でPA+++なので日焼け効果もしっかりあります。
 
 
それに、ニベアサンはポンプ式のものもあるので、使い勝手が良いのが嬉しいですよね。
 
 
あと、スキンアクアのスーパーモイスチャーミルクも人気の商品です。
 
 
テクスチャーがミルクタイプの日焼け止めは、ベタッとするイメージでしたが、こちらの商品はそんなことはなく、日焼け止めを塗っているのを忘れるほど肌にしっかり馴染んでくれます。
 
 
SPF50+でPA+++なので日焼け予防効果も抜群ですね。
 
Sponsered Link
 

日焼け止めの上からパウダーを使う

 
よく言われているのが、日焼け止めを塗った上からベビーパウダーやミネラルパウダーをはたいておく方法です。
 
 
こうすると、肌がサラサラになりますし汗のベタつきが緩和されるような気もします。
 
 
肌への負担も軽減できます。
 
 
ただ、ベビーパウダーはたくさんつけすぎるのも良くないので適量を守るようにしてくださいね。
 
 

毛先にトリートメントをつける

 
髪の毛にアウトバス用のトリートメントをつけて、髪の毛をコーティングする方法も効果があるようです。
 
 
トリートメントで髪の毛がサラサラにもなるので一石二鳥ですね。
 
 
他には、ホホバオイルなども髪の毛を保護してくれると思います。
 
 
保湿効果もあるので、元々乾燥していたり傷んバサバサになっている髪の毛だと、ツルンとした印象にすることもできそうですね。
 
 
気をつけてほしいのは、どちらもつけすぎると髪の毛がベタベタになってしまいます。
 
 
自分の髪の毛にあった量を使用するようにしてくださいね。
 
 
 

まとめ

 
今回は髪の毛に日焼け止めがついてパサパサになるのを予防する方法について調べてみました。
 
せっかくセットした髪の毛を守るためにも、今回ご紹介した方法を試してみてください。
 
この記事がみなさんのお役に立てると嬉しいです^^
Sponsered Link