松たか子「明日はどこから」の発売日と歌詞の意味、感想と評判は?

Pocket

10月2日スタートの朝ドラ「わろてんか」の主題歌が発表され、なんと松たか子さんが主題歌を担当するそうです!
楽曲のタイトルは『明日はどこから』で、この曲は松たか子さんがこのドラマのために作詞作曲した完全オリジナル曲なのだとか。
一体どんな曲になっているのでしょうか、気になりますね。
 
そこで、松たか子さんが作詞作曲した「明日はどこから」の発売日や歌詞の意味、感想と評判について調べました。
Sponsered Link

松たか子「明日はどこから」の発売日は?

朝ドラ「わろてんか」の主題歌が松たか子さんの『明日はどこから』に決まったことはわかりましたが、残念ながら楽曲の発売日はまだ公表されていないようです。
 
主題歌の発売日はドラマによってそれぞれなので予測するのは難しそうですが、今までの朝ドラ主題歌の発売日の傾向はどうだったのでしょうか。新しい順に見てみましょう。
 
【ひよっこ】
主題歌:桑田圭佑『若い広場』
放送開始     2017年4月3日
デジタル配信開始 2017年7月21日
放送から約3ヶ月半後に配信開始され、その後発売のアルバム「がらくた」の収録曲に
 
【べっぴんさん】
主題歌:Mr.Children『ヒカリノアトリエ』
放送開始     2016年10月3日
CD発売開始    2017年1月11日
Mr.Children36枚目のシングルとして放送から約3ヶ月後に発売開始
 
【とと姉ちゃん】
主題歌:宇多田ヒカル『花束を君に』
放送開始      2016年4月4日
デジタル配信開始日 2016年4月15日
宇多田ヒカル4作目の配信限定シングルとして放送から約10日後に配信開始
 
【あさが来た】
主題歌:AKB48『365日の紙ヒコーキ』
放送開始      2015年9月28日
CD発売日      2015年12月9日
シングル「唇にBe My Baby」のカップリング曲として放送から約3ヶ月後に発売開始
 
歴代4作品の発売日を見てみると、初回の発売方法はCD発売とデジタル配信の二通りがある事がわかりました。CD発売の場合は朝ドラ放送開始から約3ヶ月に発売開始されていますね。これに対して、デジタル配信だと桑田佳祐さんの楽曲は朝ドラ放送開始から約3ヶ月半後の発売ですが、宇多田ヒカルさんの『花束を君に』は放送開始からわずか10日という超ハイスピードでの配信開始となっていますね。
 
この時の宇多田ヒカルさんの楽曲は、前作『桜流し』から約4年振りということだったので、新曲を待ち望んでいた人に少しでも早く今日を届けたいという想いからこのような超ハイスピードでの配信開始となったのかもしれませんね。
 
歴代主題歌の発売日から想定すると、CDとして発売されるなら放送開始から約3ヶ月後の1月上旬から中旬、デジタル配信で配信開始されるのなら10月中の発売も可能性としては有り得そうですね。
 
詳細が出次第、情報をアップしていきますね。

松たか子「明日はどこから」の歌詞の意味は?

「明日はどこから」の歌詞内容とその意味はどのようなものなのでしょうか。
気になって調べてみたのですが、残念ながらこちらも内容はまだ発表されていないようです。
 
松たか子さんは制作の放送局を通じてこのようにコメントしています。
「長丁場の撮影にのぞむ皆さんに寄り添う気持ちで曲を書きました」「ドラマをご覧になる視聴者の方々にも気に入っていただければ幸いです。今日が明日につながっていく、ささやかな私なりの応援歌です。どうぞよろしくお願い致します」
出典:http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/warotenka/277182.html 引用
「今日が明日につながっていくささやかな応援歌」ということなので、今日も1日頑張ろうと思わせてくれるような、元気をもらえる楽曲になっているのでしょう。朝からこの曲を聴くだけで、とてもポジティブな気持ちで1日を過ごすことができそうですね。
Sponsered Link

松たか子「明日はどこから」の感想と評判は?

「明日はどこから」の感想と評判はどうなのでしょうか。
葵わかなさんとチーフプロデューサーの後藤高久さんはそれぞれこのようなコメントをされています。
葵わかなさん
「お話がどんなに楽しくても、悲しくても、皆さんの目覚めが良くても、悪くても(笑)必ず始まりにこの曲が流れて、松さんの優しい声が聞こえて『ああ、『わろてんか』が始まる』『今日が始まる』と思って頂ける朝を想像すると、とても素敵で、今から楽しみです!」
 
チーフ・プロデューサーの後藤高久さん
「朝ドラ主題歌は毎朝聴くので、胃もたれしそうな楽曲はダメ。でも半年間151回も聴くので、毎回何か発見がある深~い歌詞や飽きのこないメロディーが必要。さらに老若男女に好かれる歌い手のキャラまで求められるので、これまで朝ドラ制作者たちが『そんな都合のええ歌があるかい!』と頭を悩ませてきました」
「一切の心配も不安もありませんでした。それは、松たか子さんに主題歌をお願いしたから。その柔らかい歌声と優しい世界観に彩られた今回の主題歌は、毎朝聴いて一日中口ずさみたくなるような、素敵な楽曲に仕上がりました。一緒に歌って笑って、一日を穏やかにお過ごし下さい」
出典:http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/warotenka/277182.html 引用
お二人とも、松たか子さんが歌う「明日はどこから」がドラマに合ったとても素敵な作品になっていることをお話されています。
 
このコメントを見て思ったのですが、朝ドラって151回も放送されているんですね。その回数の多さにびっくりしますが、気付くとあと数話で終了なんてことが多いので、半年が過ぎる速さを感じますね。
 
朝ドラの主題歌は半年間ほぼ毎日放送されるので、確かに飽きてしまう人もいると思います。
 
松たか子さんの歌唱力は、社会現象となった2013年公開の『アナと雪の女王』の主題歌「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」を聴いたことのある人なら知っていますよね。あの優しくて透き通るような歌声が半年間毎朝テレビから流れてくるなら、飽きるなんてなくて逆に聞き入ってしまったり、後藤さんがおっしゃるように口ずさんでいることもあるかもしれませんね。
 
早く、松たか子さんが歌う「明日はどこから」を聞きたいですね。

さいごに

今回は、松たか子さんが歌う「明日はどこから」の発売日と歌詞の意味、感想や評判についてまとめてみました。
 
歌詞や発売日などの詳細はまだ発表されていませんが、公開前から大注目されているだけあって楽曲も松たか子さんの歌声にも期待が膨らみます。
詳しい情報が発表されたら、順次詳細をアップしていきますね。
Sponsered Link