敬老の日はいつ?いくつからがお祝いの対象年齢?孫からのプレゼントは?

Pocket

年に一度の敬老の日。この日は父の日や母の日と同様に、おじいちゃんおばあちゃんに日頃の感謝を伝える大切な1日です。そんな敬老の日って一体いつなのでしょうか?また、いくつからがお祝いの対象年齢になるのでしょうか?今回は、敬老の日がいつなのかと何歳からお祝いするのかについてまとめてみました。

Sponsered Link

敬老の日はいつ?

敬老の日は日本国民の祝日の一つで、9月の第3月曜日です。
 
2002年(平成14年)までは毎年9月15日と決まっていましたが、2001年(平成13年)に制定されたハッピーマンデー制度の影響で、第3月曜日に変更されました。
 
連休を増やすためにこのような変更がなされたようです。日祝が休みの方にはとても有難いことですが、日祝は関係ない勤務形態のところで働いている方にはあまり恩恵がありませんね。祝日を増やのもいいけど、シフト制で勤務している企業の月間もしくは年間公休の日数も1日増やすこと!とか制定してもらえると有難いんですけどね。
 
ハッピーマンデー制度によって変更が決まりましたが、初年度の2003年の第3月曜日が偶然にも9月15日だったので、15日以外の日付になったのは2004年(平成16年)の9月20日が最初なんだそうです。

敬老の日をお祝いする対象年齢はいくつから?

敬老の日は一体いくつからお祝いするのでしょうか?これに関しては悩んでいる方も多いと思います。孫が生まれたら?定年を迎えたら?人それぞれ考え方は違うと思いますが、正直なところ、これと言って決まっている年齢はありません。そう言われると更に困ってしまいますよね。
 
敬老の日は「長年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」とされています。
 
この”老人”というのは高齢者やお年寄りと同義語ですが、高齢の線引きは曖昧です。2017年の1月には日本老年学会・日本老年医学会が「高齢者」と定義される年齢を現在の65歳以上から75歳以上に引き上げを提案したそうです。65〜74歳は「准高齢者」にするんだとか。
 
確かに、最近は65歳を超えても元気に過ごされている方が多くなったような気がします。皆さん見た目の若さもありますが、何よりも”気持ち”に若さを感じるんですよね。私の84歳になる祖母は昨年まで車を運転していましたよ。私の母親や叔父に止められてようやく運転するのをやめたようですが、未だに車に乗りたそうにしています。いくつになっても気持ちが大切ですね。
 
Sponsered Link
内閣府が60歳以上の男女を対象にした調査では、「65歳以上は高齢者である」と回答した人は全体の29.1%、「自分が高齢者であると感じる」に”はい”と答えた人は65〜69歳で24.4%、70〜74歳で47.3%だったそうです。この結果を見ても、自分は高齢者ではないと感じている人が多いことが分かりますね。
 
出典:https://www.nissay.co.jp/news/2013/pdf/20130913b.pdf
 
日生のアンケートでも70歳以上からと答えている人が約半数です。特に、50代以上では半数以上が70歳以上と考えているので、目安としては70歳がいいのかもしれませんね。
 
敬老の日をお祝いする年齢の目安はありますが、受け取る方が「敬老の日に祝ってもらう年齢じゃない」と考えているかもしれません。老人扱いされることに抵抗がある人もいるようですよ。相手の考え方によっては敬老の日のプレゼントは渡さず、誕生日や父の日・母の日を祝ってあげると良いかもしれません。そのためにも、相手がどう考えているのかを事前にリサーチしておくと良いでしょう。

敬老の日のお祝い、孫からのプレゼントは?

孫からおじいちゃんおばあちゃんに敬老の日のお祝いをするとなると、70歳になっていない場合もあると思います。そんな時は年齢に関係なく、孫からの感謝の気持ちと長生きしてほしい気持ちを込めて敬老の日をお祝いしてもいいと思います。
 
孫からもらったプレゼントなら、どんな物でもおじいちゃんおばあちゃんは嬉しいでしょうし、きっと喜んでくれると思います。皆で集まってご飯を食べたり、元気な顔を見せに行ってあげるだけでも良いですね。年齢が気になるかもしれませんが、相手を想う気持ちがいちばん大切だということを忘れないで下さいね。

さいごに

今回は、敬老の日はいつなのかとプレゼントを贈る年齢がいくつからなのかについてまとめてみました。贈る方も受け取る方も、お互いに笑顔で幸せな1日が送れると良いですね。
Sponsered Link