ミラーレスの画質モード。写真の保存でオススメのサイズはどれ?

Pocket

皆さん、カメラで撮影した画像はどんなサイズ・形式で保存していますか?
 
画像の形式やサイズまで考えたことがないっていう人や、どれを選べばいいか分からないという人も多いと思うので、今回は画質モードとおすすめの保存形式についてお話していきます。
Sponsered Link

画質モードとは

画質モードとは、撮影する画像のサイズと保存形式、圧縮率を変更することができるモードのことです。一般に発売されている一眼レフやミラーレスでは、MENUや設定から画質モードを変更することができます。
 
この画質モードで変更できる項目は「保存形式」「画像サイズ」「圧縮率」です。これら全てを組み合わせて画像のファイルサイズとSDカードに保存できる画像の枚数が決まります。

どんな保存形式があるの?

まず、画像の保存形式には大きく分けて2通りあります。『JPEG』と『RAW』です。通常撮影した画像はカメラ内部で画像を適切な色味に自動的に調整されて、出来上がったデータを『JPEG』として保存されます。これに対して、色味の調整が何もされず元のデータのまま保存する形式が『RAW』です。これは、元のデータを何も触っていないということで”生データ”ともいいます。
 
RAWで保存した場合は後から彩度やホワイトバランス、色味、トリミングなどを行い、画像をJPEGへ変換して保存します。RAW画像をJPEGデータにするこの過程はRAW現像といいます。
 
通常、JPEGで保存した画像を編集すると画質が荒くなってしまいますが、RAWで保存した画像をRAW現像しても画質は変わらないので、後から自分で画像を編集したい人はRAWを選択すると良いでしょう。カメラによってはJPEGとRAWを同時に保存できるものもあるようです。

画像サイズとは

画像サイズは画像の大きさのことで、「S(Small)」「M(Middle)」「L(Large)」の三種類があります。
 
私のおすすめは「L」です。SやMで保存もいいんですが、後から画像のサイズを変更した時に画質が荒くなってしまうんです。それに、MからLに変更するよりも、LからMに変更する方が画質の綺麗さを保つことできます。
 
デメリットとしてはファイルサイズが大きくなるので保存可能枚数が少なくなってしまうこと。大きな容量のSDをカードを用意しておくと写真が保存できないというトラブルは回避できるかと思います。また、こまめに写真をPCに取り込んでSDカード内から削除しておくといいですね。

ピクセルサイズも選べる

画像サイズごとにピクセルサイズも選ぶことができます。写真などの画像は小さな点が集まって表現されており、この小さな点を『ドット』、これに色味を加えたものを『ピクセル』といいます。つまり、ピクセルサイズとはその画像のドット数と大きさのことです。
ピクセルは画素とも呼ばれています。640×480のピクセルサイズの画像の場合、307200ですので約31万個のピクセルで画像ができているということになります。このピクセルサイズが大きければ大きいほど、画像をより繊細に表現することができるので綺麗な画像が出来上がります。
 
ピクセルサイズ
S  640×480
     1024×768
     1280×960
M  1600×1200
     1920×1440
     2560×1920
     3200×2400
L  3968×2976

圧縮率とは

画像モードには「SF(Super Fine)」「F(Fine)」「N(Normal)」「B(Basic)」という種類があり、それぞれ画像の圧縮率が異なります。
 
画像のデータサイズが小さくなると圧縮率は大きくなり、データサイズが大きくなると圧縮率は小さくなります。データサイズを小さくするために圧縮サイズが大きくなる訳なんですが、そうすると「画質は荒く」なります。
 
圧縮率は大きい順にB>N>F>SFとなりますので、Bが一番画質が荒くなります。
 
つまり、
・Bが一番ファイルサイズが小さく撮影可能枚数が多いが画質は荒い
・SFが一番ファイルサイズが大きく撮影可能枚数が少ないが画質は綺麗
ということになります。この画質サイズ・圧縮率・画像サイズ(ピクセルサイズ)でファイルサイズとSDカードへの保存限界可能枚数が変わります。
Sponsered Link

SDカードの容量が足りるのであれば「LF」もしくは「LN」がおすすめ!

せっかく撮った写真の画像が荒かったり、後から編集した時に画質が劣化してしまったらとてもショックですよね。なので、私はSDカードの容量が多く、保存枚数をきにしなくても良いのであれば「LF」もしくは「LN」をおすすめします。
 
調べていると圧縮率の違いによる差は画像ではわかりづらいようで、「N」でも十分という声もありました。ただ、画像サイズは大きいものを選んだほうが良いという声が多かったです。大は小を兼ねるとも言いますし、大きいサイズで保存しておけば編集した後でも綺麗な画像を保つことができます。特に、旅行先で画質の綺麗な写真を撮りたい場合にはこの画質モードを選ぶと良いでしょう。
 
それから、RAW現像を使いたくてSDをカードに余裕がある人は、「LN(もしくはLF)+RAW」がおすすめ。ただ、RAWを使うとこれまた保存可能枚数は少なくなってしまうので容量には注意が必要ですね。

さいごに

筆者のミラーレスには8GBのSDカードが入っています。現在1240枚の画像が保存されているのですが(動画も数点含みます)、画質モードを変更してみると「SN」だと9999枚、「MN」だと2094枚、「LN」だと1021枚、「LSF」だと328枚の写真を保存することができるようです。「SN」と「LSF」の保存可能枚数ってこんなに違うんですね。
 
筆者は今まで画像の保存枚数だけを見て画質モードを決めていたのですが、これからは画質を優先して「LN」で撮影しようと思ったので、これから大容量のSDカードを手に入れたいと思います。
Sponsered Link