カメラ女子必見!リモート撮影機能を使ってミラーレスでおしゃれに自撮りをしよう!

Pocket

Wi−Fi機能のあるカメラでは、各メーカー専用アプリでリモート撮影の遠隔シャッターによる撮影が可能で、このアプリを手元のスマートフォンにダウンロードして利用することができます。
 
アプリを使うとスマートフォンの画面に、カメラのレンズ越しの映像が写し出されるので、この画面を見ながら構図を決めることができます。お
 
出かけや旅行の時、全員で写真を撮る時にセルフタイマーをよく使うと思いますが、セルフタイマーでは構図を確認することができませんよね。しかし、このリモート撮影機能を使うとスマホに被写体が写るので、手元を確認しながら好きなタイミングでシャッターを切れるます。何度も撮影をし直さないといけないなんてこともなくなりますし、カメラを手に持っていなくても自撮りができるなんて最高ですね!
 
今回は、リモート撮影を使ったセルフィーの方法をご紹介します。みなさんの参考になれば嬉しいです。
Sponsered Link

リモート撮影の使い方

まずはスマホに専用のアプリをダウンロードしよう

まずはアプリをダウンロードするところから始めます。
自分の持っているカメラメーカーのアプリをスマホにダウンロードして下さいね。
 
各メーカーのアプリはこちら
ニコン   『Wireless Mobile Utility』
ソニー   『PlayMemories Mobile』
キャノン  『Canon Camera Connect』
オリンパス 『OLYMPUS Image Share』
パナソニック『Panasonic Image App』
富士フィルム『FUJIFILM Camera Remote』
 
今回は、筆者が使用しているオリンパスのアプリを使って解説していきます。

Wi-Fiを利用してアプリとカメラを接続

まずはカメラを起動してWi-Fiに接続します。接続が完了したらアプリを起動します。アプリ内には『リモコン(ライブビュー)』『写真転送』『写真加工』『位置情報付与』の項目があるので、今回は『リモコン(ライブビュー)』を選択します。
 
すると、「ライブビューモード」と「ワイヤレスレリーズモード」の選択画面になりますので、スマホで被写体を確認しながら撮影できるライブビューを選択します。

カメラを設置し構図を決める

Wi-Fiが繋がったら、カメラを設置する場所を決めましょう。この時、アングルや背景を確認しながら設置場所を決めて下さい。カメラを置く場所は、テーブルや手すりの上など安定した所が良いです。それから、三脚があるとブレの心配もなく高さや角度も自由に決められるので便利ですね。

スマホ画面で構図を確認
ポージングとシャッターを切ろう

カメラを設置し終えたら、スマホの画面で構図を確認しながら自分たちの立ち位置を決めます。全体のバランスを見ながら配置とポージングを決めます。
カメラに映る画面を見ながら動けるのでイメージに近い写真を撮ることができます。
構図が決まれば、後は手元のスマートフォン画面にあるシャッターボタンを押すだけで遠隔シャッターが起動して写真が撮影できます。

撮影した写真を確認

Wi-Fiが繋がっているこので、撮影した写真はそのままスマホに保存されます。いちいちカメラを触らなくても、撮影した写真をすぐに確認することができるんです。
メーカーによっては、そのままSNSに投稿することができるものもあるようなので、独自の機能を楽しんでみて下さい。

さいごに

今回はWi-Fi機能を使ってできるスマホのリモート機能と遠隔シャッターを利用した自撮り方法についてお話しました。カメラを手に持たなくてもセルフィーが可能なら、旅行先で撮って貰う人がいない場所でも全員で写真撮影をすることができます。それに、がっつりとポージングしているところや自然な感じの写真を知らない人に撮ってもらうのも気恥ずかしいですよね。そんな時、このセルフィーを使うことで、イメージ通りの写真を撮影することも可能です。
 
この便利なアプリを利用して、今まで思ったような写真が撮れなかった構図に是非チャレンジしてみて下さいね^^
 
Sponsered Link