カメラ初心者の私がRAW現像のメリット・デメリットを知った上で思ったこと

Pocket

写真を撮り始めてから、カメラについて調べていく中で『RAW現像』という言葉をよく目にするようになりました。
 
カメラ初心者にとっては、RAW現像って聞きなれない言葉ですよね。初めは、現像っていうくらいだからカメラ屋さんで写真をプリントする時の方法の一つかな〜なんて思っていました。しかし、RAW現像について調べていく内に、写真を撮る人には奥の深い世界であるということが分かったんです。
 
今回は、『RAW現像』とそのメリット・デメリットを知って、カメラ初心者の筆者が思ったことについてまとめてみました。
Sponsered Link

そもそもRAW現像って何?

RAWは訳して「生」、RAWデータというのは「生のデータ」という意味だそうです。写真は通常であればJPEGという形式のデータで保存されます。この形式は、写真の色味や明瞭度などがある程度カメラ内部で自動的に調整がなされ、データとして完成したものが保存されているそうです。
 
それに対してRAWデータは、カメラ内部での写真調整がなされる前のデータのことを言います。つまり、撮影したまま調整がされていない元のデータ「生のデータ」ということです。
 
このRAWデータは色味や明瞭度などを変更することができ、その過程を経てJPEGデータに作り直すことを現像というそうです。つまりはRAWをJPEGに現像すると言う意味で『RAW現像』と言われているそうです。

RAW現像のメリット・デメリットをまとめてみた

メリット

◎写真の雰囲気を自分好みに変えられる
◎RAWデータで残すことで写真を後から編集することも可能
◎画質が良い
◎ノイズが少ない
◎ホワイトバランスも調整可能なので撮影に集中できる
◎白飛びしたハイライトや、黒つぶれを調整できる

デメリット

◎容量が大きい
◎連射可能枚数がJPEGのみより少ない
◎RAW現像にはPCと専用ソフトが必要
◎スマホ・タブレットへの対応に限りがある
Sponsered Link

メリット・デメリットを知った上で私が思うこと

筆者はミラーレスを使ってるんですが、今までに自分の思った通りの写真を撮れた実感ってあんまりないです。全体的に黄色みが強かったり、白っぽくしたくてホワイトバランスを変更したけど理想よりも白くなりすぎたり、色味を濃くしたところ空の青さが加工しました感満載の青色になったり。
 
こんな私がRAW現像を知って思うことは『RAW現像使ってみたい!』ってことです。
 
容量は大きいけど画質も良いし、トリミングしたり露光量やコントラスト、明瞭度、色温度、ホワイトバランスを変えることで写真の雰囲気を自分好みの雰囲気へ変えることができるなんて、前述していた今まで悶々としていたカメラへの疑問が全て晴れるようです。笑
 
私のカメラ技術がなさすぎるのかもしれませんが、初心者の方で同じような悩みを抱えてる人って意外といると思うんです。そういう人には、一度RAW現像使ってみてもいいかも!とアドバイスをしたいです。
 
ただ、ここまで読んでお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、RAW現像とはいわゆる写真を「加工」することと同じようなものなんですね。カメラで撮った写真を加工するなんて!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、写真を楽しむ1つのツールとしてRAW現像を活用するという方法もあるので、興味のある方は一度使ってみて下さい。
 
筆者はまだRAW現像を実際に使っていないので、今後使用してみてのレビューも記事にできたらと思っています。
Sponsered Link