オリンパスのミラーレス一眼「E-PL8」「E-PL7」「OM-D E-M10」を比較してみた!

Pocket

2016年11月にオリンパスPENシリーズの新作、E-PL8が発売されてから半年以上が経ちましたね。筆者はPEN Lite E-PL7のシルバーを愛用しているんですが、E-PL8の発売時に機能面のバージョンアップによっては新機種購入も検討するかなーと思っていたのですが、価格帯が気になってしまってまだ買い換えるには至っていません。ですが、ここ最近心の底から沸々と湧き出てくる気持ちがあるんですよね。
 
それは「オリンパスのOM-Dシリーズがめっちゃ気になる!!!!」ってこと。
 
 
今までコンデジを買う時もミラーレスを買う時も『見た目と使いやすさ重視』で製品を選んできて、機能面はそれほど重視していませんでした(ちなみに、コンデジはNikonのCOOLPIX P310というボディがオールホワイトでコンパクトな自称おしゃれカメラです)。
 
PENシリーズは初心者でも扱いやすいカメラだと聞いていたので機能面に関しては深く考えることもなく、初心者なんだし構図のセンスを磨けばオートモードで十分撮影できるかなとか思ってました。
 
ところが、ミラーレス一眼を使っていく内にオートモードでは限界を感じ、「設定をいじってシーンに合った雰囲気のある写真が撮れるようになりたいな」と思い始め、モードをPやAにしてISOやF値などの設定を変えて撮影するようになりました。そうしている内に他のミラーレス一眼に興味が出てきて、最近では漠然とOLYMPUS製のOM-Dシリーズが気になってきました。
 
そこで今回はOLYMPUSのミラーレス一眼の中で特に気になる「E-PL8」「E-PL7」「OM-D E-M10」のスペックをまとめてみたので、同じくこれらの機種が気になっている方に参考にして頂けると嬉しいです。
Sponsered Link

「E-PL8」「E-PL7」「OM-D E-M10」デザイン

まずは見た目です。
 
正面
 
背面
 
E-PL7とOM-Dは全体的に角張った印象を受けるのに対し、E-PL8はボディに丸みのあるデザインになっています。OM-Dは電子ビューファインダーがある分高さがありますね。その上に更にホットシューがあるのでフラッシュを取り付けるとまた更に高さが出てくる事になります。PENシリーズは電子ビューファインダーが付いていないので上部がスッキリとして見えますね。
 
背面のデザインはPENシリーズは指置きの形が多少異なりますがボタン配置はほぼほぼ同じです。OM-Dはムービーボタン/画像選択ボタンが背面ではなく天面に配置されているようです。 
 
Sponsered Link

「E-PL8」「E-PL7」「OM-D E-M10」スペック比較表

 
大きさや重さについてはE-PL7が他の2つに比べてコンパクトで軽いようです。OM-D E-M10は電子ビューファインダーもあり、大きさでは他の2つよりも少し大きいですが、大きさは数ミリ、重さは約15〜30グラムの違いなのでそこまで気にならない程度だと思います。
 
モニターはPENシリーズでチルト可動域が下180°となり、自撮りが可能になっています。OM-Dは自撮りではなく電子ビューファインダー越しの撮影をメインとしたカメラになので、モニターチルト可動域は狭くなっています。

E-PL8の新機能「仕上がりモードの水中」「クリップス」は必要?

新機種E-PL8で新たに仕上がりモードの「水中」とクリップスが追加されています。ただ、筆者はこれらの機能に特にメリットは感じていません。水中モードがどれだけ魅力的なモードかは分かりませんが、他のエフェクトでも十分撮影できると思います。
 
また、クリップスは動画に音楽を付けてショートムービーを作れる機能ですが、そのようなムービーならパソコンや携帯のアプリを使えばいくらでも作れるので、無くても特に困らない機能だと思います。

唯一のボディ内手ぶれ補正『5軸』のOM-D E-M10

これに対してOM-Dのボディ内手ぶれ補正の『5軸』にはとてつもない魅力を感じています。
オリンパス公式ホームページのOM-D E-M10の製品特徴にもページの一番上にも大きく宣伝が表示されているのでオリンパスが押している機能であることも分かります。
 
5軸手ブレ補正があることで「回転ぶれ」「シフトぶれ」「角度ぶれ」を抑えることができます。このぶれの補正によって夜景やマクロ、望遠撮影に加え片手での撮影時のぶれも抑えることができます。また、これらの手ぶれ補正はムービー撮影時にも効果を発揮し、ブレの少ない安定した動画を撮影することができます。
 

まとめ

今回はオリンパスのミラーレスの機能についてまとめてみました。画質やシャッター速度、処理エンジンは違いが見られませんでしたが、手ぶれ補正ではOM-D E-M10が高機能でよりブレの少ない綺麗な写真を撮影することができるようです。
 
ピントを合わせて撮ったつもりが撮影した写真をよーく見ると何か少しぶれてる、なんてことはよくあると思います(私だけでしょうか…)。せっかく上手く撮れた写真でも少しでもピントが合っていないとモヤッとした印象のある写真になってしまうので、手ブレを気にせず撮影をしたいって方にはOM-Dシリーズがおすすめです。
 
E-PL8に関しては追加された機能もありますしデザインが気に入っている方には断然購入をおすすめします。ただ、個人的にはE-PL7の角張ったデザインが好みなのでE-PL8へ買い換えることはないと思います。また、手ブレに関してはE-PL7に悩まされてきたので、今後はOM-Dシリーズへの買い替えも視野に入れて検討していきたいところです。
Sponsered Link